モスクワ市政府、世界6大都市を回る「デスティネーション・モスクワ」を初開催

2013-03-11

モスクワ市政府とKPMGロシアCISは、ロードショー形式の投資フォーラム、「デスティネーション・モスクワ2013」を3月4日に日本で初めて開催した。

同イベントはインターナショナルビジネスを展開する企業が参加し、モスクワ市の事業機会について投資家と対話するもので、世界6大都市(ロンドン、フランクフルト、シンガポール、日本、ニューヨーク、ボストン)で開催される。

同イベントでは、モスクワ市政府の代表団が、モスクワでの事業展開を目指す起業代表者たちと会談を実施。モスクワ市はロシア投資を行う上で非常に重要な経済の重点であり、今回のロードショーではモスクワ市政府の代表としてモスクワ市政府の副市長(経済政策担当)であるAndrey Sharonov(アンドレイ・シャロノフ)氏らが演説を行い、モスクワ市の将来性をアピールした。また、成長目標達成のため、2030年にまで約1000億ドルの投資を行う予定を明らかにし、投資先としての魅力をアピールした。

Twitter

Facebook

Copyright(c) 2012-2013 ロシアビザ取得申請代行センター All Rights Reserved.