三菱自動車、ロシア販社の株式9%を取得 SUVなどの販売強化へ

2013-01-18

三菱自動車は1月16日、ロシアで三菱ブランドの自動車を展開するロルフ・インポートに資本参加すると発表した。

同社にはこれまでロルフが60%、三菱商事が40%の割合で出資していたが、今回三菱自動車と三菱商事はロルフからそれぞれ9%ずつ新たに株式を取得。過半数の58%を三菱グループが出資することとなった。

三菱自動車は欧州諸国から撤退するなど、先進国では販売を縮小する一方、今回のロシアをはじめとする新興国での開拓を進めている
2012年11月には新型SUV(アウトランダー)を投入するなどロシア市場に注力しており、2012年のロシアでの三菱自動車の販売は約7万4000台で同社の世界販売の1割弱を占めている。

同社は今後ロシアの需要に適したマーケティングや商品企画を提案できる体制を整え、物流面では三菱商事との連携も深める方針だ。

Twitter

Facebook

Copyright(c) 2012-2013 ロシアビザ取得申請代行センター All Rights Reserved.