三菱自動車など、ロシアでの販売力強化に向けて連携 販売会社に資本参画

2013-01-25

三菱商事株式会社、三菱自動車工業株式会社、ロシアRolfグループの三社が、ロシアの三菱自動車総販売代理店のRolf Import社について、三菱自動車の参画を通じ、資本再編することで合意した。

この度三菱自動車および三菱商事は、RolfグループよりRI社の株式を9%づつ譲り受けることにより資本を再編。持ち株比率は三菱商事49%、Rolfグループ42%、三菱自動車9%で再出発となる。

リーマンショック後の需要低下から回復傾向にあるロシアを最重要市場の1つと位置づけている三菱自動車は、2008年5月にPSAプジョー・シトロエン社との合弁で現地生産工場を設立し、2012年11月からは新型アウトランダーの本格生産を開始するなど、ロシア市場では好調を維持しており、今回の参画により三菱自動車は、さらに競争が熾烈を極めるロシア市場で更なる成長を目指していく方針だ。

Twitter

Facebook

Copyright(c) 2012-2013 ロシアビザ取得申請代行センター All Rights Reserved.