伊藤忠商事、ロシアの”アヴトザボツカヤ発電プロジェクト”で覚書調印

2012-11-22

2012年11月20日に伊藤忠商事株式会社が、ロシアで各種鉱山事業などを運営するEn+ Group Limitedとの間で、「アヴトザボツカヤ発電プロジェクト」に関する覚書を調印した。

本プロジェクトは、En+の子会社「OJSC EuroSibEnergo(ユーロシブエネルゴ)」がロシア東部に位置するニジニノヴゴロに約400MWの規模の熱電併給発電所を建設するというものであり、ガスタービンには三菱重工株式会社製のものを利用することが内定している。

これに伴い伊藤忠商事は東洋エンジニアリング株式会社と共同で、本プロジェクトの建設契約の商談をユーロシブエネルゴと進めており、今回の覚書では2013年内に本プロジェクトの着工に向け、協力していくことで合意に至った。

ユーロシブエネルゴは、ロシアの企業グループBaselのエネルギー部門を統括するEn+の子会社。ロシア最大規模の民間発電会社で、約19GWの発電能力を有する。

Twitter

Facebook

Copyright(c) 2012-2013 ロシアビザ取得申請代行センター All Rights Reserved.