岸田外務大臣、ロシア・ラブロフ外務大臣と隕石や北朝鮮問題について電話会談

2013-02-26

2013年2月21日午後4時から約20分間にわたり、岸田文雄外務大臣は、ロシアのラブロフ外務大臣と電話会談を実施した。

会談の冒頭では岸田大臣が、先日チェリャビンスク州に落下した隕石によって同地方が大きな被害を受けたことに対してお見舞いの言葉を述べ、ラブロフ外務大臣からは感謝の意が示された。

その後両者は北朝鮮問題についても言及。岸田大臣は先日実施された北朝鮮による核実験は国際社会全体の平和と安全を著しく損なうものであり、国際社会は断固としてこれを認めるべきではなく、国連安保理でより強力な決議を採択し、安保理常連理事国のロシアと緊密に連携したいという旨を述べた。
ラブロフ外務大臣は日本と緊密に意思疎通を実施していきたいと述べた。

また、岸田大臣は安倍首相の公式訪露の予定についても触れ、ラブロフ外務大臣も活発な準備作業を進めていきたいと話した。

Twitter

Facebook

Copyright(c) 2012-2013 ロシアビザ取得申請代行センター All Rights Reserved.