日産とルノー、ロシアで事業拡大へ

2012-12-20

日産自動車とフランスのルノーの連合は12月12日、ロシア最大手の自動車メーカー「アフトワズの経営権を約600億円で取得すると発表した。両者は急速に成長を見せるロシアの自動車市場で、さらなる事業強化を目指す。

日産自動車とルノーのグループは12日、日本円で600億円あまりを出資してロシアの国営企業と合弁会社を設立。この会社を通じて、2014年までにアフトワズの株式の5割超を取得する方針だ。3社の販売台数は昨年ベースで約800万台となり、世界3位にまで浮上する

3社は今後、ロシアで合計約170万台の生産能力を確保する方針。日産のカルロス・ゴーン社長はロシア全体の新車販売台数が2011年比で50%増の400万台を越えるとの見通しを立てており、過剰生産に陥ることはないと自信を見せた。しかし、アフトワズは販売台数がこのところ減少傾向にあり、てこ入れが急務となっている。

Twitter

Facebook

Copyright(c) 2012-2013 ロシアビザ取得申請代行センター All Rights Reserved.