ロシアのイスラム勢力、ソチ五輪に対するテロ予告

2013-07-04

ロシアの武装勢力、「カフカス首長国」司令官のドク・ウマロフ容疑者が、インターネット上で動画を公開し、2014年に実施されるソチ五輪を含めた多くの標的に対するテロ活動を行うように呼びかけた。

ソチは旧ソ連崩壊後に複数回軍事衝突が発生したチェチェンや、民族対立が激しいダゲスタン共和国と目と鼻の先にあり、決して安定的な地域とはいえない。また、ソチはイスラム教徒のチェルケス人が帝政ロシア時代に迫害された土地とされている。治安当局は厳戒態勢を強いて迎え撃つ考えだ。

ウマロフ司令官は、40人が死亡した2010年のモスクワ地下鉄連続自爆攻撃、37人が死亡した2011年のモスクワ郊外ドモジェドボ国際空港自爆攻撃などについて犯行声明を出している。

今回はインターネット上の映像で「われわれは祖先や多くのムスリムの骨が黒海沿岸に埋まっている事を知っている。五輪を許さない」と警告している。

Twitter

Facebook

Copyright(c) 2012-2013 ロシアビザ取得申請代行センター All Rights Reserved.