岩手県の盛岡さんさ踊りチームが赤の広場で国際軍楽祭に参加

2013-09-06

ロシアの首都、モスクワの赤の広場で開催されている国際軍楽祭スパスカヤ・バーシニャ」に、日本 岩手県の団体「盛岡さんさ踊りチーム」が参加した。日本から参加者が出るのは、今回が初となる。

同祭は2009年から開催されている。主な参加者は軍や治安組織などだが、軍と関係ない団体も参加することができる。ロシアを現在訪れているのは、岩手県盛岡市の約50人。セレモニーでは、「盛岡さんさ踊り」の踊り手たちが山吹色の浴衣を着こみ、太鼓の音に合わせて踊りを披露した。観客からは大きな拍手が送られ、セレモニーは成功で終わった。

参加者の一人であり、盛岡さんさ踊りチームを率いた盛岡商工会議所青年部幹部の野坂哲司さんは「東日本大震災の時の支援に対するお礼の意味を込めて参加した」と話していた。直前まで降り続いていた雨も本番前にやみ、ほっとした様子だった。

Twitter

Facebook

Copyright(c) 2012-2013 ロシアビザ取得申請代行センター All Rights Reserved.