三菱自動車、ロシア工場で中型車「パジェロスポーツ」を生産へ

2013-07-04

三菱自動車が、PSAプジョー・シトロエン社との合弁会社、PCMA Rus(ピーシーエムエー・ルス)において、中型SUV「パジェロスポーツ」を生産開始すると発表した。

同社はロシア市場でのSUV需要が期待されることから、2010年4月にPCMA RusでのSKD生産を開始。2012年11月には新型SUV「アウトランダー」の本格生産を開始した。

「パジェロスポーツ」は、2008年にロシア市場に投入されたシリーズ。オフローダーとしての走破性、堅牢なボディ、乗り心地のよさなどが評価されて、現在既に2万4000台の売り上げを記録している。今後は現地生産に切り替えることにより、さらなる商品の販売強化を目指す方針だ。

今後同社は、生産と販売が一体となった事業をよりいっそう推進することにより、重要な市場であるロシアでの販売をよりいっそう強化する方針だという。

Twitter

Facebook

Copyright(c) 2012-2013 ロシアビザ取得申請代行センター All Rights Reserved.