ロシアの自動車リサイクル税、WTOに対して日本が提訴

2013-08-01

日本政府は、ロシア輸入自動車に対し不当な税金をかけているとして、世界貿易機関(WTO)に提訴した。WTOが24日、明らかにした。この問題についてはヨーロッパ連合(EU)も既にロシアを提訴しており、日本はそれに続いた形となる。

ロシアは現在、輸入車に対して高い税金(リサイクル税)をかけている。ロシアはこの税を廃車のリサイクル費用に当てているとしているが、ロシア、同国と関税同盟を結んでいるベラルーシとカザフスタンで生産された車両には課されておらず、外国産車に対する不当な関税であるとの批判が高まっている。

ロシアは2012年8月にWTOに加盟。EUと日本の提訴は、ロシアにとって初めてのものとなる。

今後、60日間協議をしても問題解決に至らなかった場合、EU及び日本は、WTOに対して裁定を下すように要請することが可能となっている。

Twitter

Facebook

Copyright(c) 2012-2013 ロシアビザ取得申請代行センター All Rights Reserved.