北極海の海氷面積過去最小に

2013-06-27

株式会社ウェザーニュースが、2013年の北極海の海氷傾向について発表した。

発表によれば、2013年も近年同様に速いペースで海氷の融解が進んでおり、過去最小面積になる見通しだ。原因は地球温暖化で、海氷面積はこのところ常に減少のペースにある。2013年6月の海氷面積は約1000万キロ平米で、この数年と同程度のペースで減少しており、すでにシベリア沿岸付近では海面がむき出しになっていると言う。今までの最小記録は約350万キロ平米だが、今年はこの記録が9月になって更新される可能性もあると言う。

北極海航路は、ロシア側の北東航路は7月の下旬から、カナダ側の北西通路も8月上旬から開通できる可能性があり、今年も船舶の行き来が活発化するものと見込まれている。

北極海に関する最新情報は、Global Ice Centerウェブサイトで今後も定期的に公表していく予定だと言う。

Twitter

Facebook

Copyright(c) 2012-2013 ロシアビザ取得申請代行センター All Rights Reserved.