安倍首相がプーチン大統領と電話会談、ロシアのシリア問題提案を支持

2013-09-13

安倍晋三首相は9月10日夜に、ロシアのプーチン大統領と電話会談を行い、シリア・アサド政権化学兵器を放棄して国際管理下に置くというロシア側の提案について、賛意を示した。

電話会談は、ロシア側の要望により午後6時から15分程度行われた。安倍首相はロシア側の提案について評価すると発言。今回の提案がアサド政権にどのような影響を与えるのかに注視し、また日本もシリア情勢の正常化に向けた政治対話などを積極的に行いたい考えを明らかにした。

プーチン大統領は、現在ロシアはシリア側に様々な働きかけを行っており作業は難航しているが、それでも一定の進捗はあると発言。シリア問題を巡っては、今後も緊密に連絡を取り合うことで合意した。また、プーチン大統領からは東京オリンピック開催に対する祝意が告げられ、安倍首相もソチ五輪の成功を祈ると応じた。

Twitter

Facebook

Copyright(c) 2012-2013 ロシアビザ取得申請代行センター All Rights Reserved.